巻き爪の痛みを改善し、矯正する福岡市南区の女性・学生専門サロンBloom

 

巻き爪・陥入爪が、顔の歪みにまで影響する!?

巻き爪は、爪が横方向に内側に巻いていく状態で、爪が周囲の皮膚に当たったり、弯曲が強くなって、爪の皮膚を挟んでしまうため、痛みを起こすことになります。

 

陥入爪は、爪が周囲の皮膚に入り込んでしまい、炎症を起こした状態で、巻き爪と併発することが多いと言われています。

とはいえ、たかが爪のトラブル・・我慢できる痛みだからといって、そのままにしていませんか・・?

 

巻き爪や陥入爪は、放置していると進行していきます。そして、その痛みが、大変なことになってしまいます!

 

私たちは、どこかに痛みがあると、それを自然とかばってしまうのですが、痛みをかばうことで、他の場所に余計な負担がかかってしまうことになります。

 

例えば、足首を捻挫したあと、膝にも痛みを感じるようになった・・ということがありますが、これは、痛みをかばうことで、カラダのバランスが少しずつ崩れてしまったと言えます。

 

巻き爪や陥入爪などで、足に痛みがあると、それをかばうために歩き方が悪くなります。

 

すると、バランスを保つために、膝関節や股関節にズレが生じ、更に、骨盤や腰、背骨と、少しずつズレが生じることになります。

骨盤にズレが生じると、連動して動く後頭骨にも影響します。

 

頭蓋骨にズレが生じれば、当然、顔の歪みを起こすことになります。

足先の小さな爪のトラブルが、顔の歪みにまで発展してしまうのです!となると、せっかくの美人も台無しに・・

 

足の痛みは我慢して隠しておけばいい?でも、顔は隠せませんよ!

痛みを我慢せずに、早めに対処することをお勧めします!

 

 

巻き爪・陥入爪が骨盤の歪みと関係する?!

良くない姿勢や、偏ったカラダの使い方をしていると、骨盤に歪みを起こすことがあります。骨盤ダイエット・骨盤矯正などという言葉を聞いたことがあると思いますが、骨盤を整えることで、カラダの機能が正常に働き、ダイエット面や健康面に影響するという訳です。

 

逆に言えば、骨盤に歪みが生じると、カラダの不調に繋がると言えます。

そして、巻き爪や陥入爪も、骨盤の歪みと関係しています。

 

骨盤が歪むと、それに連動して、下半身の歪みを起こしていきます。

脚に歪みを起こせば、足の重心が傾き、正しく歩くことが出来なくなります。

 

となると、足の機能も低下して、余計な負担がかかるようになります。

結果、足の変形、足指・爪のトラブルを引き起こすことになるのです。

 

骨盤の歪みが、巻き爪や陥入爪を起こしてしまうことがあると言うわけです。