巻き爪の痛みを改善し、矯正する福岡市南区の女性・学生専門サロンBloom

 

巻き爪予防・・健康な爪を作るには?

巻き爪の画像などを見ると、かなり痛々しいと感じます・・

 

爪が軟部組織(指の肉)に食い込んでしまった状態を「陥入爪」と言いますが、それはそれは、たまらない痛みらしいです。

 

 

巻き爪を予防するには、爪の変形を防ぐことが重要となります。

ただ、爪の性質は人によって異なるので、変形を防ぐとともに、丈夫な爪、健康な爪を作ることも必要と言えます。

 

 

健康な爪を作るには、爪に必要な栄養を摂取することが大切です。

爪は、皮膚の一部といわれ、その性質は髪の毛とよく似ています。

髪も爪も、死んでしまった細胞が角質化して硬くなったもので、その成分は「ケラチン」というタンパク質です。

 

となると、髪にいいとされる食事は、爪にもいいと言えるわけです。

 

 

・タンパク質

爪の主成分となるのが「タンパク質」です。

不足すれば、当然、爪の健康状態も悪くなると言えます。

大豆製品、乳製品、肉類に多く含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛は、新陳代謝を高める効果があります。

そのため、爪の成長が良くなり、健康な爪を保つことになります。

レバー、煮干、ごま、牡蠣などに多く含まれます。

 

 

ビタミンA

爪の潤いを保つためにはビタミンAが必要となります。

潤いがあれば、爪の弾力も良くなるので、圧迫に耐えやすくなると言えます。

卵、バター、うなぎ、人参など

 

 

・ビタミンE

ビタミンEは、血行促進の作用があります。

血行が促進されることで、爪への栄養がしっかり行き届きます。唐辛子、アーモンド、モロヘイヤなど

 

 

・コラーゲン

コラーゲンは、肌の保湿力だけではなく、爪の保湿力も高めます。

爪の乾燥を防ぐことになり、爪が割れにくくなります。鶏皮、軟骨、牛すじ、豚足など

 

 

ただ、偏った食事は、カラダ全体の栄養が不足することになるため、爪にも栄養が届かなくなります。

爪の健康を保つためには、バランスのよい食事を取ることが大切です。

 

 

 

巻き爪は、カラダのバランスが崩れているサイン?

突然の指の痛み・・急に巻き爪となることは少なくありません。

 

巻き爪は、爪の切り方、不具合な靴など、爪にかかる負担が原因と考えられます。

足の爪は、小さいながらにも、足指にかかる地面からの衝撃を負担する役割があり、爪がなくなると、歩くことが困難になると言われています。

 

逆に、歩き方が悪いと、爪にかかる負担が増え、巻き爪の原因になります。

 

歩き方が悪いと、巻き爪だけでなく、カラダのバランスが崩れていくことになります。

足は、カラダの土台です。

 

それが崩れれば、当然、カラダ全体に影響します。巻き爪は、カラダのバランスが崩れるサインなのかもしれません。